読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペイン語〜挨拶①:出会いの挨拶〜

スペイン語
チリの公用語

 チリは南米の国。スペイン語が公用語です。英語が話せる人は珍しいです。

 南米ほとんどすべての国がスペイン語が公用語で、フランス語、イタリア語、ブラジルのポルトガル語は勉強しなくても聞き取りができ、自分はスペイン語で喋れば相手もかなり理解してくれるのだとか。うらやましい(でも実際私もブラジルのポルトガル語がなんとなくわかるようになってきています)。

 同じスペイン語といっても、スペインのスペイン語と南米のスペイン語には違いがあって、スマホの言語なんかもスペイン語(スペインスペイン語(アメリカなんて分けられてたりします。南米のなかでも国によって発音や言い回しに特徴があり、ことチリについては、「世界で最も奇妙なスペイン語を話す国」なんていう紹介がされたりもします。実際本屋さんには「基本のチリ語」とでも言うような、チリ特有の言いまわしやスラングがまとめられたような本が売られています。


f:id:stgo:20170225084105j:image

 

 この本のタイトルにもなっている¿Cachái?(カッチャイ?)は本当に頻出。わかるでしょ?you know?くらいの意味合いで、2分に一度くらいのペースでよく使われます。

 

 このあたりのスラングや国ごとの特徴はまた別の機会にご紹介することとして、まずは少しずつ、自分のなかでの整理も兼ねてスペイン語について書いていきたいと思います。超基本から書いていくので、ご存知の方は読み飛ばしてくださいね。

 

スペイン語の挨拶①:人に会った時の挨拶

 さて、タイトルにあるように、まず大切なのが、挨拶です。海外旅行の本とか語学の入門本とかでも一番最初に出てきますよね。チリでは、お店に入るときに必ずお店の人に挨拶します(お店の人も勿論挨拶してくれます。どのタイミングで言えばいいのかちょっと掴むの難しかったりするのですが)。会釈では挨拶したことにならず、きちんと声に出して言うことが大切です。なので、日本にいるときよりたくさん挨拶してます。

 

 最初に一覧にしてみると

Hola.(オラ):時間問わず

Buenos  días.(ブエノス ディアス):午前中

Buenas tardes.(ブエナス タルデス):午後

Buenas noches.(ブエナス ノチェス):夜

 

 カタカナで発音書いてありますが、カタカナ英語なんかと違って、ホントに大体この通りで伝わります。発音いいね!なんて驚かれたりします。HolaのHは発音せずオになるなど、全部が全部ローマ字読みになるわけではありませんが、英語と違ってこのつづりからなんでこんな発音になるんだ?!ってことは少ないです。

 

 スペイン語には男性名詞、女性名詞の区別があり、例外もありますが通常、oで終わる単語は男性名詞aで終わる単語は女性名詞になります。

 挨拶では早速例外のdía(aで終わるのに男性名詞)が登場しています。朝の挨拶ではこれがdíasと、複数形になっているので、英語のgoodにあたる形容詞buenoも複数形になってBuenosとなっています。

 tardesとnochesはどちらもtarde(午後)とnoche(夜)の複数形で、これらは女性名詞になります。なのでbuenoがbuenaに変化し、更に複数なのでbuenasとなっているのです。

 

 男性/女性の変化、単数/複数の変化は高校から勉強していたフランス語でも一緒なのですが、やはり日本語にも英語にもない文法でまったく慣れていないので、話すときにいちいち上のプロセスを頭のなかで考えているので本当にたどたどしい話し方になってしまいます。

  それに時間帯によって挨拶が変わるので、中途半端な時間はどちらを言うべきか迷います。まあ明らかにスペイン語母語話者の顔をしていないので、間違っても気にしない、開き直ることがが大切だったりします。たくさん間違って恥をかいた方が印象にも残りやすいですし。それに、実際に外出して一番使うのは、

 

¡Hola, buenas!

 

 これだけ。

 

 朝でもbuenasのままオラ、ブエナス!と明るく言えばオッケーです。

 

 友人・知人以外に対しても挨拶するべきシーンは

  1. エレベーターで他の人がいたときに
  2. マンション出入りの際、管理人さんに
  3. お店の中に入るとき、入口のセキュリティの人、もしくは近くにいる店員さんに
  4. スーパーで、自分のレジの番が来たときにレジの係の人に

 

…とこんなところでしょうか。なるべくアイコンタクトをしながら挨拶することが大事です。

 

 ちなみに、スペイン語には夕方の挨拶のGood evening.とおやすみなさいのGood night.の区別がなく、どちらもBuenas noches.になります。そもそも出会いの挨拶としてBuenas noches.を言うのになんとなく変な感じがするうえ、真夏は21時過ぎても明るいので、Buenas noches.と言うのは本当に違和感があります。

 それと、昼寝するときにも真っ昼間からBuenas noches.これは英語もですが、この感覚はまだちょっと慣れません。日本語のおやすみなさいって便利な挨拶だなあと思います。

 

 以上、人に会ったときのスペイン語の挨拶でした。